inocima.com

国際結婚と国際交流
私は国際交流を心から信じており、これが進めば世界で起きてる争いが減るとまで信じています。理由は簡単です:外国人と触れ合うことで、その国の文化や風習に触れ、それだけでも世界観が広がります。理想としてはあらゆる人が1年外国に住んでもらうのがベストですが、少なくとも外国人と触れ合い、自分と同じ人間である初歩的な事をまず確認して、自分とはかなり違う文化や考え方を持っている事を身を持って、知ってもらいたいと願っています。それで「自分の考え方と違っている=悪い」のではなく、「自分の考え方と違っている=普通」と分かってくるはずですし、国籍や肌色など無意味な理由で相手を批判することもなくなるでしょう。多くの場合は、自分の考えと違う人の方が、知らないことを教えてくれたり、自分に足りないものを指摘したり、自分の行動を反省する切欠になるなど、人間として成長させてくれると気づくはずです。国籍を問わず、そういう人を人生のパートナーに選ぶこともあります。日本では農政労働省によると05年では44701組の国際結婚がありました、これは全体の5.8%にも及びます。在日外国人の割合が1.8%未満という事を考えると非常に高い割合です。しかもこの記事によると東京では9.1%にも上りました。

相手のことを知り始めると、考え方が違っている方が刺激が多いですし、話題が絶えないものです。それで交際を始めて、結婚に繋がっていくのはむしろ自然と言えるかも知れません。もちろん中には恋愛結婚ではなく、偽装結婚だったり、国籍狙いのものもあるかもしれないのですが、それで片づけられないものが殆どだと思います。

理由はどうであれ、多くの日本人が外国人を歓迎している、何よりの証拠だと言えるのではないのでしょうか?そして今後外国人の数が増え続けると国際結婚も増えていくことでしょう。そして、自然に国際交流が進んでいくことを願っています。

以下は日本人の女性漫画家と外国人夫の日常を描いた4コマ漫画「ダーリンは外国人」シリーズです。以前読みましたが、とても面白くて、しかも勉強になる内容だと思いますので、お勧めです。

iconダーリンは外国人

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ国際交流ブログランキング