inocima.com

在日ブラジル人が撤退:30万人台を割り込むだろう

現状が悪化する一方で、本当は当分ブログを当分休む予定だったが、これは載せなきゃとおもった。昨年の時点では、在日ブラジル人は32万人ほどいたと入国管理局が発表したが、今年は何割か減ると思う。

根拠は幾つかある:

  • 帰国しているブラジル人達の多くは片道航空券だけを購入して帰っている
  • ブラジルへの引っ越しを提供する業者は非常に忙しい
  • 帰国する人が多く、ブラジル人向けのショップが閉店に追い込まれている
  • この時期に大学生などがアルバイトに来ることが多かったが、今年は殆ど来ていない
  • そして180人もの生徒を抱えていたブラジル人の学校が30人まで生徒を失い、閉校に追い込まれたと毎日新聞が報じた

これらを見ていると、来年に発表される在日ブラジル人の数は30万人をわることがだれにも推測できる。しかし来年の見通しがつかないので、来年中にはもっと帰国するかもしれない。

在日ブラジル人の数が減少するのは確かに97年以来のことだと思う。長年日本在住のブラジル人らは「史上最悪の不況」と呼んでおり、バブル崩壊後より酷い有様だと言う。

この調子だと20万近くまで行くのではないかと嘆くひともいる。これでは殆どの在日ブラジル人向けの会社がもたないだろうし、来年は生き残りをかけた戦になるだろう。

ブラジルブログはこちらから。ラテンアメリカブログはこちらから。